人生観を大きく変えてくれるアニメ『銀魂』

私はアニメが好きで毎年色々な漫画をみていますが、特に一番影響を受けたのが銀魂という作品です。舞台は江戸幕府が栄えていた頃で天人(あまんと)という宇宙人が開国を要求しにきたが、
侍たちがそれに反対し攘夷戦争を起こしましたがあえなく敗北。
その後幕府側も開国を余儀なくされ、開国した後が物語です。
笑いあり涙ありの物語なのですが、主人公である坂田銀時をはじめ色々なキャラクターが人生観を大きく変える名言を残しています。その中でも自分が一番感動したセリフが『何が正しくて何が間違ってんのか?混沌としたこの世の中じゃそいつを決めんのは簡単じゃねェ。他人の作ったルールなんざあてになるか。そんなもんに身を任せてたら何も自分で決められねェ人形になっちまうぜ。結局、最後は自分で決めるしかねーんだ。自分のルールで生きていくしかねーのさ』というセリフです。銀魂の漫画3巻ででたセリフです。自分のルールで行きていく。確かに正しい事をしたつもりでも他人から見たら間違ったことに見えることがあります。逆に他人が正しいと思っていることでも自分からみたら間違ったことのように見えてしまう時もあります。つまりは自分でルールを決めていけという事なんだなと思います。自分が迷っている時にこの言葉を聞いてすごく前に進めました。銀魂はこの他にも色んなキャラクターが人生の価値観を変えてくれるようなセリフを数多く話しています。ぜひ一度銀魂を見てみてはいかがでしょうか?婚活サイトのランキング