今までになかった、残酷な作品

私には兄と姉がいて、幼稚園の、文字もよくわからないときから漫画を読んでいました。
兄の影響で少年漫画を読むようになり、高校の時に、ある漫画に出会いました。それが「進撃の巨人」です。
進撃の巨人は今となってはとても有名な漫画なのでご存知の方が多いと思います。私は絵が綺麗な漫画が好きなのですが、この漫画はあまり絵が綺麗ではありません。それでも、この漫画に合った独特な雰囲気の絵が私を魅了しました。
そして、なんといっても斬新なストーリーが特徴的だと思います。巨人に支配される恐怖と戦う人類を描いたストーリー。広大な地の真ん中に、自らを守るように作られた小さな壁の囲いに住む人類。人類がこんなにもちっぽけであると誰が想像したことでしょうか。こんなにも、太刀打ちできない敵しかいない漫画が今まで存在したでしょうか。こんなにも、こんなにも絶望の連鎖を描写する漫画があっていいのでしょうか。そう思うほど、残酷な、心が痛くなる場面もたくさんあります。しかし、そんな漫画だからこそ伝わることがたくさんあります。ただストーリーを読むだけでもとても面白いのですが、この漫画が果たして何を私たちに伝えようとしているのか、そう考えながら読むと、何倍も、何十倍も楽しめる漫画だと思います。子供だけでなく、大人にもこの漫画が人気なのは、この漫画を読めば、王道のヒーロー漫画ではなく、残酷な描写がたくさんあるからこそ気づける、この作品だからこそ共感できることが多く散りばめられているからだと私は思います。
是非大人の方に読んでいただきたい作品です。女性ホルモンを増やす方法とおすすめサプリメント比較